5期20年間のご支援ありがとうございました

 4月12日執行の府議会議員選挙で、私は6615票(18.25%)を頂き、大阪維新の会を過半数割れに追い込むために一定の役割をはたすことができました。ご支援ありがとうございました。
 ふりかえってみると、1995年阪神大震災の年に初めて池田市議会に送り出していただき、以来5期20年間、皆さんの温かいご支援で市議会議員として働かせていただきました。この間、池田の教育をよくするために力をつくし、学校の耐震化・クーラーの設置・トイレの改修や小学校3年生までの35人学級などが実現しました。また、子どもの医療費助成は、この7月から入院通院とも所得制限なしで中学校卒業までに拡充させることができました。さらに、「五月山は墓地だらけ。自然と緑を守れ」の声を取り上げて、墓地開発の規制を求めてきましたが、このほど住宅地から300m以内の墓地開発を規制する条例が実現し、今後は五月山では墓地開発はできなくなりました。また、歩道の改修や安全柵や手すりの設置など地域の皆さんの通行の安全のためにも力を尽くしてきました。
 今度は、私の後を引き継いで、この地域で皆さんの暮らしを守り要求実現に頑張る小林よしみつさんを市議会へ押し上げるために頑張る決意です。
 小林よしみつさんは、全日空で整備士として、空の安全と働く人の生活と権利を守るために地道に頑張ってきた人です。また、バドミントンなどスポーツが堪能なさわやかな人柄です。地域の皆さんの宝、日本共産党の議席を、是非とも小林よしみつさんに引き継がせてください。
[PR]

# by susumu_namba | 2015-04-18 08:28  

「大阪市解体」の維新政治ノー、子育て・教育の充実を!

 いっせい地方選挙がまぢかにせまってきました。大阪府や池田市の今後と、住民のくらしがかかった選挙です。
 私は、5期20年間、市議会議員として市民の皆さんの要求実現に力を尽くしてきました。子どもの医療費助成は、この7月から所得制限なしで入院・通院とも中学校卒業までに拡充させることができました。また、池田の教育をよくするために、校舎の耐震化・クーラー設置・トイレの改修・35人学級の推進など教育条件の改善に頑張ってきました。 
 今度は、大阪の教育をよくするために力を尽くしたいと思います。大阪をこわし府民の暮らしをこわす「大阪都」構想をすすめる維新政治を終わらせ、大阪経済の活性化、子育て・教育の充実を図るために、全力で頑張ります。
 いま大阪では、維新府政のもとで、教育基本条例が制定され、君が代斉唱の際の口元チェックなど教員の管理統制が強化されています。教育現場では、病休や産休で休むと代わりの先生が来ないなど、教員不足で教育に穴が開く事態となっています。
 大阪府は独自の35人学級を行っていない全国でも最低水準の自治体です。当時の橋下知事は、就任直後に大阪府の35人学級を廃止しようとしましたが、府民的な反撃で中止せざるを得ませんでした。大阪府全体で35人学級を1学年拡充するには17億円でできます。私を府議会に送って頂き、一人一人に行き届いた教育を進める35人学級を拡充させましょう。ご支援をお願いします。
[PR]

# by susumu_namba | 2015-03-20 08:41  

12月議会の主な議案は・・・

◆緑丘保育所の建物等の無償譲渡(日本共産党は反対)
 来年度から民営化される緑丘保育所の建物と倉庫など一切を学校法人岡辻学園に無償譲渡する議案が提出されました。
 「これまで民営化した保育所は土地・建物とも無償貸与だったのに、なぜ今回は無償譲渡なのか」と質したところ、「すでに耐震工事も大規模改修も終わっており、児童福祉施設として運営をしてもらうことを条件に無償譲渡する。今後の改修は運営者が行い、人件費で約5000万円のコスト削減になる」とのこと。ちなみに建物等の評価額は3,000~4,000万円、備品類約800万円、合わせると4,000~5,000万円の池田市の資産をただで譲ることになります。
◆いじめ対策専門家委員会の設置
 2011年におこった大津市の中学2年生のいじめ自殺事件では、学校側がいじめはなかったと事実を隠ぺいし、教育委員会も適切な対応をしなかったことが大きな社会問題となり、「いじめ防止対策推進法」が成立しました。
 池田市は、いじめの調査・真相究明のために、学識経験者、弁護士、医療・心理・福祉の識見を有する専門家による委員会を設置することになりました。
 ところで「いじめ防止対策推進法」には、「いじめの禁止」や「いじめを行った児童生徒への懲戒・出席停止」など、いじめは法律違反、いじめをすると厳罰に処すると規定されており問題があります。「脅し」ではいじめはなくならず、かえっていじめた子の心をゆがめ、いじめが深刻化することが危惧されます。
[PR]

# by susumu_namba | 2014-12-27 17:32  

日本共産党市議団実施の市民アンケートに切実な声

 回答していただいた方は1065人で、男性39.4%、女性54.6%、性別不明6.0%。70歳代32.9%、60歳代23.1%で高齢者の回答が過半数を占めました。
 アンケート結果の特徴をみると、「暮らしがこれまでと比べて苦しくなった」が64.0%で、4年前のアンケート結果と全く同じでした。その原因は、「消費税の負担増」が46.8%と断トツで、回答者の半数近くが今年4月から8%に増税された消費税に苦しめられていることが浮き彫りになっています。次いで、「国保・介護の保険料の負担増」39.5%(前回22%)、「年金の削減」31.7%(前回15%)、「医療費の負担増」23.8%(前回15.9%)と、軒並み増加しています。「長生きしたいけど、医療や介護の負担が重い」など切実な声が届けられており、安倍政権の悪政が市民に直接影響を及ぼしていることは明白です。
 今の池田市政について「少し不満」が32.8%、「大いに不満」26.5%、あわせて59.3%と、不満が約6割となっており、市が優先的に取り組んで欲しいことは、「国保・後期高齢者・介護保険料の軽減」55.9%、「福祉・医療・保健施設の充実」50.8%など、圧倒的に社会保障の充実が求められています。ここにも国の社会保障切り捨て政策が市民に犠牲を強いていることが表れています。
 日本共産党は、これらの切実な声を市政に届け、市民の皆さんの要求実現に全力を尽くします。
[PR]

# by susumu_namba | 2014-11-24 09:38  

植樹桝と歩道の改修で安心して歩けます

 秦野小学校の南北道路(荘園西畑線)のイチョウ並木は、黄葉がたいへんきれいで市民の皆さんに喜ばれています。ところが、歩道が狭く傾斜しているため、街路樹の根鉢の部分の土が流出して段差ができ、歩行者や自転車、バギーや車いすの通行に支障をきたしていました。
 3年前に、地域の方から「目が悪くて歩道の段差で転びそうになったり、足首をねんざしそうになったりして、歩くのが怖い。なんとかできないか」との要望を受けて、私が市議会の一般質問で取り上げたところ、道路課が「雨が降っても流れない土」を研究して、秦野小学校周辺の歩道で試験的に工事が実施されました。この土は、固まっていて雨に流されず雑草も生えにくいばかりか、雨が地面に吸い込まれるので樹木にとってもやさしいものです。
 地域の方から「早く工事を延長して欲しい」との声があり、いつできるかと待ちかねていたところ、今回、2014年9月末に西畑の信号までの区間で、道路の両側の歩道の舗装とあわせて街路樹の植樹桝の改修工事が実施され、このほど完成しました。これで安心して歩道を歩くことができると喜ばれています。
[PR]

# by susumu_namba | 2014-10-29 16:10  

国保料値上げに怒りの声

 今年も7月に国民健康保険料納付額決定通知書が市役所から送られてきました。その直後から市役所の窓口に、高くなった保険料についてたくさんの市民が質問や相談に押しかけています。先日、近所の年金暮らしの方から「年金は増えるどころか減っているのに、昨年に比べて国保料が年額1万5千円も高くなった」との相談がありました。
 長引く不況や雇用の悪化で所得は年々下がるうえに消費税の増税が暮らしを直撃しており、度重なる国保料の値上げで、ますます払いたくても払えないほど高くなっています。
 2014年度池田市の国保会計では、平均所得63万8415円に対し一人あたり平均保険料は医療給付費分で年額7万4,847円、前年度本算定と比べると1万1,809円の値上げです。後期高齢者支援金・介護納付金は賦課限度額がそれぞれ2万円引き上げられたため平均では若干の引き下げとなりましたが、それでも合計平均保険料は12万3,122円で8,806円の値上げとなります。
 国保料値上げの原因は、国が国庫負担金をどんどん減らしてきたことにあります。保険料の半分を事業主が負担をしている被用者保険と同じように、もともと国民健康保険も国と国保加入者が50%ずつ負担していたのに、現在は国庫負担金が20数%に減らされ、本人負担が70%以上になっています。国の負担割合を増やし、市も市民の命と暮らしを守る立場から一般会計からの繰り入れを増額して、国保料の大幅引き下げを行うべきです。
[PR]

# by susumu_namba | 2014-08-18 15:11  

6月議会の一般質問から

◆安全・安心のまちづくりを
 福島第1原発の事故処理も原因究明も進んでいないのに、政府・電力各社は原発再稼働へ動きだそうとしています。そのような中で、本年5月21日福井地裁は、関西電力に大飯原発の運転再開の差し止めを命じる画期的な判決をくだしました。
 判決は、「原発から250キロ圏内に居住する住民の避難勧告は過大と判断できない」としています。この「250キロ」とは福島第1原発事故の際に政府が想定した「最悪シナリオ」に基づいたもので、大飯原発から約80キロ圏内の池田市として、池田市地域防災計画の見直しの中で原発事故に対する放射能汚染対策を含む原発災害を追加し避難計画を策定すべきではないかと質したところ、市長は、大阪府地域防災計画の見直しの内容を見て検討すると答弁しました。
◆すべての小中学校に洋式トイレを
 現在、子どもたちの家庭では洋式トイレが一般的です。小中学校すべてのトイレを改修し「汚い・臭い・暗い」トイレを一掃すべきです。未改修のトイレ数と今後の改修計画、改修工事の国庫補助について質したところ、「和式は小学校で男子150個・女子358個、中学校で男子66個・女子161個で、今年度、池田中で男子3個・女子7個の洋式トイレ工事を実施しており、今後の整備については市の財政状況を考慮しながら市長部局と協議する。国庫補助については、大規模改造工事に該当すれば3分の1が対象になる」との答弁がありました。
[PR]

# by susumu_namba | 2014-07-14 10:59  

議員定数1名削減 日本共産党は反対

 6月議会に、自民・公明・市民クラブ・民社友愛の4会派の議員が、現在23名の池田市議会議員の定数を1名削減する条例改正案を提出、また3名削減を求める請願1件、議員定数を削減しないよう求める請願2件が提出され、12日の議会運営委員会で審議したところ、議員定数1名削減が賛成多数で可決されました。
◆12日の議会運営委員会で審議
 議員定数問題を審議する議会運営委員会には、請願者に対して議長から出席要請の通知が届けられ、定数削減に反対の請願者(新日本婦人の会、みんなの会)は出席して趣旨説明を行い委員からの質問にも答えましたが、議員定数20名に削減市民運動の代表者は、欠席届も提出せず欠席理由も明らかにしないで欠席しました。これは議会軽視であり、署名した市民に対しても不誠実・無責任のそしりを免れません。
◆議会の役割は
 地方議会は、住民の要求を行政に反映させ、住民の暮らしと権利にかかわる予算の決定や条例の審議・議決を行うなど首長がすすめる行政をチェック・監視するなどの重要な役割をもっています。議員定数削減は、市民の声を市政に届けるパイプを細くし議会をますます市民から遠ざけます。「改革」というなら、市民の声を届けるパイプをむしろ太くすべきです。
◆市財政は厳しいのか
 「市財政状況は楽観を許さず」として財政を議員定数削減の理由にしていますが、池田市の財政は13年連続の黒字決算、昨年度の決算では基金総額68億8000万円で財政調整基金は46億円と年々増加しています。議員数を減らさなければならないほどの緊急事態でもありません。
 日本共産党は、議会経費の節減については海外視察の廃止など適切な予算執行を主張し、経費節減というなら議員定数を減らすのではなく議員報酬を削減すべきと10%カットを実施してきました。今回、議員報酬を元に戻しながら定数削減することは、議員自らの利益を優先し市民要求に背を向けることになると、日本共産党は議員定数削減に反対しました。
[PR]

# by susumu_namba | 2014-06-18 09:34  

学校施設の耐震化・空調整備が進んでいます

◆秦野小のクーラー設置、この夏に実現
 5月半ばというのに、今年も池田ではすでに25度を超える真夏日の気温を記録しています。私が議員になってからずっと議会で質問し求めてきた「学校の教室にクーラーを」という子どもたちや先生の願いがやっと実現します。
 秦野小では、耐震工事に先駆けてこの夏、クーラー設置工事が行われます。大きな電気容量に耐えられるようにキューティクルや配線を更新し、2学期までにはクーラーが設置される予定です。子どもたちが安全に快適に学校生活を送れるように、耐震補強工事の完成が待たれます。
◆石橋小の耐震工事の実施決まる
 市内の小中学校が次々と耐震工事を実施しているなかで、教育委員会は「石橋小は周辺道路が狭いため耐震工事が実施できない」として、体育館や校舎の耐震化を行わず、石橋小中一貫校建設で石橋中に小学校校舎を増築し、今の小学校の運動場を小中共用のグラウンドにするという計画でした。
 しかし、小学校の統廃合や施設一体型の小中一貫校の問題点が指摘される中で、池田市は、石橋小中一貫校建設を見直し、耐震工事を実施するよう検討。
 その結果、石橋中の正門を入ったところから石橋小の敷地まで仮設の通路をつくって工事車両が通行できるようにして耐震工事を実施することになりました。老朽化している西校舎については、耐震工事をするか建て替えるか、まだ検討中とのことです。 
 耐震化と空調整備が実現したら、次はトイレの改修が課題です。
[PR]

# by susumu_namba | 2014-05-16 13:37  

「消費税増税は社会保障のため」は真っ赤なウソ

 安倍内閣のアベノミクス政策により電気・ガス料金をはじめ生活必需品の物価がじわじわ上昇している中で、この4月から消費税8%への増税が庶民の暮らしを直撃しています。その一方で、年金支給額は昨年10月から1%引き下げ、この4月にはさらに0.7%引き下げとなり、高齢者の生活はますますきびしくなっています。
 「消費税増税は社会保障の財源のため」という政府の言い分は真っ赤なウソです。池田市でも3月議会に国保料の引き上げなど大幅な負担増が提案され、日本共産党の反対を押し切って可決されました。池田市の国保料は、最高限度額が年間4万円引き上げられて2人世帯で所得490万円を超えると81万円になり、平均保険料は12万3122円で8806円の値上げです。また、後期高齢者医療保険料も限度額が55万円から57万円に2万円引き上げられ、平均1171円の値上げとなります。
 日本共産党は、高すぎる保険料を引き下げるために、国庫負担金の増額を求めるとともに市の一般会計からの繰り入れを増やすよう求めました。
 また、安倍自公政権は、介護保険制度の改悪を進め、特別養護老人ホームの入所対象者を要介護3以上に制限し、要支援1・2は介護保険の対象から外して市町村の福祉施策に丸投げすることを決めています。池田市の担当者は、国の具体的方針が明らかになれば市として対処しなければならないと答弁しました。
[PR]

# by susumu_namba | 2014-04-17 08:39